コスメ通販が大好きな34歳OLの美容知識とコスメ通販の見聞録

menu

コスメ通販大好きOLの美容見聞録

脂溶性ビタミンに分類されるビタミンAは皮膚の再生になくてはならないものであり…。

お肌の防護壁となる角質層にある水分というのは、2~3%分を皮脂膜、概ね18%を天然保湿因子、あと約80%の量は、セラミドといわれる角質細胞間脂質が働いてストックされていることがわかっています。

更年期の諸症状など、体調の悪い女性が服用していたプラセンタだけれども、使用していた女性のお肌が見る見るうちにつややかになってきたことから、美しい肌になれる成分のひとつだということが明々白々になったのです。

肌荒れやニキビなどの皮膚トラブルがあるなら、化粧水の使用を中止した方がいいでしょう。

「化粧水を忘れると、肌が乾いてしまう」「化粧水が肌の悩みを抑える」という話は思い過ごしです。

美容液は水分たっぷりなので、油分がふんだんに入った化粧品の後だと、その働きが十分に発揮されません。

洗顔した後は、先に化粧水、続いて乳液の順番でケアするのが、ありがちな手順だと言えます。

カサカサ肌に見舞われる原因のひとつは、必要以上の洗顔でないと困る皮脂を必要以上に取り去ってしまったり、水分を満足に補填できていない等といった、誤ったスキンケアだと言えます。

むやみに洗顔をすると、洗顔を行うたびに皮膚の潤いを除去し、カサついてキメがバラバラに乱れてしまうことも。

洗顔の後はすぐさま保湿をして、お肌の潤いを常に保持してください。

スキンケアのスタンダードな順序は、簡潔に言うと「水分を多く含むもの」から用いることです。

洗顔を行った後は、まず化粧水からつけ、次々と油分の割合が多いものを使っていきます。

近頃、色々な場面でコラーゲンといった言葉が入ったキャッチコピーを聞きます。

美容液や化粧品は当然で、サプリ、加えて普通のジュース等、身近なところにある製品にもブレンドされており色々な効果が期待されているのです。

脂溶性ビタミンに分類されるビタミンAは皮膚の再生になくてはならないものであり、野菜や果物に含まれているビタミンCは肌のハリや弾力のもととなるコラーゲンの合成促進をしてくれるのです。

簡単に言うと、いろいろと存在するビタミンもお肌の潤いのためには不可欠なのです。

「丹念に毛穴の汚れを洗い落とさないと」と時間を費やして、納得のいくまで洗うケースが多々見られますが、なんとそれは逆効果になるのです。

肌にとって不可欠である皮脂や、セラミドといった保湿成分まで取り去ってしまうのです。

お風呂から出た直後は、毛穴が開いたままになっています。

ですから、急いで美容液を複数回に配分して塗り重ねると、肌が求める美容成分がより一層浸みこむのです。

あとは、蒸しタオルを使うやり方もいい効果が得られます。

ここにきてナノテクノロジーによって、非常に小さい粒子となったナノセラミドが生み出されているそうですから、もっともっと浸透率を考慮したいと言われるのなら、そのように設計された商品にトライしてみましょう。

セラミドの潤いを保持する能力は、肌にできた小じわやカサカサ肌を正常化してくれますが、セラミドを生産する時の原材料が高価格なので、それが入った化粧品が割高になってしまうことも多々あります。

手については、割と顔とは違ってお手入れを適当に済ませてしまっていませんか。

顔に関してはローションとか乳液を駆使して保湿に余念がないのに、手のケアはスルーされていることが多かったりします。

手の老化スピードは早いですから、今のうちに策を考えましょう。

皮膚表面からは、次々と多彩な潤い成分が産生されているのだけれど、使用するお湯の温度が上がるにつれて、その潤い成分という物質が落ちやすくなってしまうのです。

そういうわけで、入浴時のお湯はぬるめにしましょう。

関連記事

カテゴリー

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031